Text Size : A A A
| ホーム | バラ育て日誌 | ニュース | 自己紹介 | メール | 写真'09.08〜'13.05 | 写真'06〜'09.07 | リンク |
wx 朝 雨 午後から晴れ

今年の春苗の生育が良く、枝が伸び8号鉢で夏をこそうと思っていたものでも 頭が大きくなり過ぎ 強い風が吹くと倒れてばかりとなってしまいました。

真夏にはしてはいけない鉢の土増しをしました。

昨日の猛暑日 土作り(100L+)だけでも大変な作業でしたが、15号鉢程への植え替えをしました。余談になりますが土曜日の朝 鉢物に水やりをして日曜の朝は雑用が多く水やりを出来ず 夕方になってしまいました。2日続きの猛暑日でしたが 鉢物のほぼ全部が僅かな萎れも無くOKでした。水涸れ無く良く育つ・・ 何年がかりかの成果が出ました。

夏はお風呂に入るよりシャワーが多くなってしまいがちですね、リラックスタイムを作り 楽しんでお風呂に入る為 チョット嬉しいバラの花を浮かべるバラ風呂をお勧めします。
ERは花びらを取らずに一輪づつ浮かべて HTは花びらを1枚づつちぎって 好きな香りのバラを・・・・ね。
Img20080805220306
手前にホワイトマジックその向こうにアイスバーグ 黄色は左からゴ-ルドメダイヨン,万葉,グラハムトーマス
WX 曇り

雨に後は畑に行かないと何時も大変な事になってしまうのに また1日空けてしまいました。

やはり・・・・お化けキュウリがいっぱ~いでした。もうキュウリの木も疲れているのに、こんなに早く大きくしなくても良いのにと思いながら 夕食の用意。
大量の「なます」が食卓にあがりました。

夏の食卓にはキューリ、トマト、ナスがいろんな姿で登場します。


2008.7月12日~写真 (Click!)
Img20080817215454
日焼けしたアンジェラ
Img1b20080817215454
アジサイの剪定が済み後始末
wx 晴れ

記録続きの暑さの為、庭のバラの葉は日焼けが激しくかわいそうな状態の株が続出ですがなす術も無く・・ 黄色や茶色の葉が多くなっています。

今月の下旬にはバラの剪定作業が始まります。がその前哨戦ともなる大変な作業 アジサイの剪定をしました。
3人掛かりで3時間程の大仕事でしたが、無事終わりました。

来年もたくさんの花を付けてくれると良いんだけどな~。

2008.7月12日~写真 (Click!)
wx 雨のち曇り夕方より雨

朝夕は少し涼しくなりましたが昼は 熱い風が強く吹く1日でした。

先日 関西の先生宅のバラ園を拝見して来ました、バラ園は女王様の寝室に入っていく感じで 防虫ネットのベールに包まれていました。無駄な枝も無く 枝先は天を目指して気持ち良さそうに伸びていました。

そんな訳で 昨日と今日は枝の整理に追われました。まだ庭の半分も出来ていません 遅咲きのバラの剪定もそろそろ始めなくては行けないのに・・・。
取りあえずは 剪定前の整枝を頑張らなくては。
Img20080830222754
剪定前
Img1b20080830222754
スッキリ
wx 雨時々曇り

最高気温は26度とそんなに高くはないけれど、梅雨空の様に湿度の高い日でした。

そんな中 午前中は市内の教会のつるバラ等の間引きとFLの剪定のお手伝いに、午後はミニバラの剪定にと 1日中ハサミを持って歩く日になりました。

途中で 剪定ハサミが動かなくなってネジの調節をしたり、研いだりとアクシデントもありました。
今 愛用しているハサミは「災い転じて・・・・」で今も使っています。
枯れ枝を燃やす時にウッカリ中に入れたまま、 火が消え見つけた時には焼き鈍っていました。
さあたいへん主人がもう1度枯れ枝を燃やし ハサミを火の中へ焼き入れをしてくれました。
その後の使い勝手はすこぶる良いのです、切れ味は変わらず良いし、手に柔らかく当たるのです 大事に使っています。

今年のミニバラはハダニ 黒点病 日焼けに見舞われ かわいそうな状態です。
ミニバラにとって僅かに残っている葉も取られてしまう最悪な1日になったようです。

これからの手当次第です、なんとかステキな秋バラを咲かせたいと思っています。

2008.8月30日~写真  (Click!)