Text Size : A A A
| ホーム | バラ育て日誌 | バラの写真 | リンク | 自己紹介 | メール | 過去の写真'06〜'09.7 |
Img20070702000330
wx 晴れのち曇り

明日は雨の予報なので、朝から庭のバラに薬剤を散布しました。その後花ガラを摘んだりの手入れで午前中いっぱい掛かってしまいました。

午後からは畑です。畑はすご~い2番花の花盛りになっています。
そして、歓迎しないスリップスも盛んに活動しています。

香りの良いホワイトクリスマス、コンフィダンス、マーガレットメリルは切り花にならない程に痛んでいますが、香りがあってもドゥフトボルゲ、ドリーバートン、イングリットバークマンなどは虫の被害がありません。
どうもこの虫は選り好みが激しいみたいですネ。

後は農作業です。畝を5列耕し、畝立てをし、その上からマルチを掛けました。
あ~ぁ疲れた

今日のバラの写真(2007.7月01日~写真 ) (Click!) 

今日のバラの写真(2007.7月01日~写真 ) (Click!) 
Img20070704220301
今日の写真は夕暮れのこんな空模様の中で撮りました
今日のバラの写真(2007.7月04日~写真 ) (Click!) 
Img20070706220801
鉢の植え替えの為の土作り
Img1b20070706220801
マルチの追加
Img1c20070706220801
夕方から庭と畑に薬剤散布
wx 曇り時々晴れ

明日から11日間旅行に行くので前準備がたいへんです。
根詰まった鉢の植え替えとマルチの追加
夕方から庭と畑に薬剤散布をしました。これで一安心 

バラの写真は息子に、水やりと時たまの日記は主人に「忙しいでしょうが、おねがいね。」 頑張ってくれる事と思います。

アルプスの山々をバックにステキなバラの写真が撮れる事を願って出かけます。
行って来まーす。

今日のバラの写真(2007.7月04日~写真 ) (Click!) 

今日のバラの写真(2007.7月07日~写真 ) (Click!) 
Img20070709214955
ビビリアンピンクアイスバーグ
Img1b20070709220859
ブライダルピンク
Img1c20070709220859
畑は花盛りです
wx 晴れ

昨日今日とお天気が良かったので慣れない水やりが大変でした。

畑は今花盛りなので昨日は5抱え程の切り花が取れました。今日色々な方々にお分けしました。
庭は1番花のように一斉にとはいかないですが、かなり活気づいて来ました。

今日のバラの写真(2007.7月07日~写真 ) (Click!) 

Img20070710212334
HT レオニダス
Img1b20070710212334
CL アンジェラ
wx 雨

朝からの雨でどの花も重そうです。
雨が止む事がなかったので小止みの時に撮りました。
Img20070711230937
アイスバーグ 3分咲き
Img1b20070711230937
庭も賑やかになって来ました
Img1c20070711230937
wx 雨のち曇り

夕方には雨も上がったので庭のバラの写真を撮り 終わってから畑の野菜の収穫とバラの写真を撮りに出かけました。
畑のバラの写真は明日になります。待っていて下さい。

今日のバラの写真(2007.7月07日~写真 ) (Click!) 
Img20070714205923
かなり咲いています。明日の台風が心配です
Img1b20070714205923
アイスバーグ
wx 雨


今日は植木鉢の避難も出来ず 明日早くから避難しようと考えてます。
写真は撮ったので載せます、明日はどうなっている事やら。

今日のバラの写真(2007.7月14日~写真 ) (Click!) 
Img20070715223037
Img1b20070715223037
wx 雨時々曇り

雨、風とも強くなく助かりました。

今日のバラの写真(2007.7月14日~写真)  (Click!) 
Img20070716214754
雨の中のグラハムトーマス
Img1b20070716214754
マダムフィガロ 懸命にこらえています
Img1c20070716214754
雨にも負けずの写楽
wx 霧雨が降ったり止んだり

どの花も水滴をいっぱい乗せて細い花首で懸命にこらえています。
元気に咲いているのは背の低いミニバラぐらいです。
Img20070717220406
HT ローラ
Img1b20070717220406
FL ユーロピアーナ
wx 雨時々曇り

今日のバラの写真(2007.7月14日~写真)  (Click!) 
Img20070718220944
プリンセスアイコ後ろはパーマネントウエーブ
Img1b20070718220944
ジャルダンドゥフランス後ろはマチルダとラセビリアーナ
wx 曇りのち晴れ

今日のバラの写真(2007.7月14日~写真)  (Click!) 
Img20070719225511
ロープウエーに乗って
wx 晴れ

ただいま 帰りました
庭に入ってバラの背丈がグンと伸びてすごい花盛りにビックリしました。
と言うくらい長く家を空けていました。実はバラ仲間と一緒にスイス アルプス3大名峰とドロミテ渓谷 アルプス4大絶景の旅に行っていました。
真冬と真夏を体感した旅でした。

8日は ジュネーブからシャモニーへ行きロープウエーに乗って美しく雄大なモンブランが正面に見える山に登りました。雪吹雪だったので一瞬でもモンブランが見えればラッキーと思い展望台へ登りましたが、雲の中で10m先の雪景色を見るのがやっと 残念でした。
レマン湖畔まで降りて来ると 雨は時々降っていましたが霧も晴れ緑が奇麗でした。
昼食はラクレット、夕食はスイス料理でした。

9日は ロートホルン鉄道にてロートホルンへ向かいました。又また雲の中へ突入 高山植物の宝庫と言われるロートホルンでしたが時折霧が晴れるだけで ドシャ降りの中を展望台目指して歩きました。ところがしばらく行くと10m先が見えなくなり雪も降って来たので目的地にアト2歩とどかず 引き返しました。
下山後は、プリエンツ湖でランチクルーズ。
トゥルンメルバッハ氷河の融水の滝は水量を多く怒濤のように渦巻いていました。

10日は インターラーケンから3454mのユングラウヨッホへ登山列車で登りました。
展望台は-10度の雪吹雪です。これで2大名峰とも見れず寂しく下山、夕食は長い焼きソーセージで残念会をしました。
残りはマッターホルンだけ 「明日は見れますように・・・」と 祈るばかりです。
そして、まだ 何処にもバラは咲いていませんでした。

後半は明日になります。

旅行の写真(2007.7月19日~写真 )  (Click!) 

Img20070720232808
部屋はガーデン付きです
Img1b20070720232808
黄色のミニバラが色鮮やかに咲いて居て目を引きました
Img1c20070720232808
PM8時40分頃雲のかからないマッターホルン
wx 曇りのち雨
後編です
焼きソーセージを食べてホテルに入りました。この日のホテルの部屋割りはくじ引きでした。私が引いたのは1Fの奥まった部屋でした 何とその部屋はガーデン付きです。グリーンの芝生の中に白のデージーが咲き回りにはバラが十数本植えられていました。そして 建物と建物の間からマッターホルンが見えると言うのですが、その日は残念ながら雲に覆われていました。でも バラに会えた事はこれから良い事がおきる予感がしました。

次の日 雲の中のマッターホルンを目指して登山列車に乗りゴルナーグラード展望台へ向かいましたが、姿を見る事は出来ませんでした。
復路「逆さマッターホルン」で有名な湖をハイキングしましたが本命のマッターホルンは映らず 横の「なんとかマッターホルン」が映っていました。1区間電車に乗って下り、標高2222mからまた歩き始め 野山のかわいい草花達に出会い、嬉しい事にやっと雲も去りマッターホルンを見ながら3時間半のハイキングでした。
ふもとのホテルや家々の庭には黄色のミニバラが色鮮やかに咲いて居て目を引きました。 PM8時40分頃雲のかからないマッターホルンを撮る事が出来ました。
夕食はチーズフォンデュ 我が家ではチーズの中にいろいろ入れて頂くのですが、ここでは肉類 野菜類はなしパンのみ ちょっと寂しい夕食でした。

次の日は 氷河特急に乗りました。

その次の日は ペルニナアルプスの山々やサンモリッツ湖等が連なるエンガデインの谷へ行きました。午後からは自由行動と言う事でハイジの家へ歩いて登り、それから登山列車やロープウェーでさらに上へ 沢山のかわいいウサギのようなマーモットに出会いました。
夕方には湖の回りを歩きPM9時半にもなりました。でも白夜なので暗くならないのです。

次の日は イタリアアルプスのドロミテ山群へ
美しい山と湖 ランドロ湖畔の散策  やっとピンクの野バラに出会い感動の一瞬でした。
イタリアへ入ったとたん車窓はリンゴ畑とぶどう畑が2、3時間経っても、次の日になってもずーと続いていました。

帰り 飛行機の中からマッターホルンが見えました。 good by
私の長い旅も終わりです。
我が家のバラは・・・・・・、やっと気になり出しました。

旅行の写真(2007.7月19日~写真 ) (Click!) 


 
Img20070721221328
雨の中へこたれずに咲いています
wx 雨

今日は少し時間が取れたので小降りの時を見計らって 花摘みをしました。どの木もたくさんの花を付けた後なので大きなゴミ袋に一杯の花ガラが集まりました。

これだけの花が咲いたのだから早く追肥をしなくてはいけないね。
早く雨 止まないかしら!


今日のバラの写真(2007.7月21日~写真)  (Click!) 

wx 雨時々曇り

日曜日の今日はあれこれしながら1日庭を観ていました。

今年は昨日も書きましたが庭のどの木も1番花、2番花ともたくさんの花が付きました、そして今もたくさんの花が雨に叩かれてもうなだれずに 花も腐らずにしっかりと咲いています。

旅行の間もこんな状態だった事を聞き 感激もし又納得もしました。

夕方近くになり簡単な化成肥料の追肥をし、薬掛けをしました。
(殺虫剤、うどん粉、黒点病、灰色カビ病、ベト病などの殺菌剤、殺ダニ剤)
薬掛けは動濆を使うので早く済ます事が出来き とても助かります。

Img20070724215927
wx 曇り

夕方 畑の薬掛けをしました。その時黒点病にかかった樹を何本か見つけました 遅かりし。

土用だと言うのに涼しい日々が続いています、その影響かどうか分りませんがピエールドロンサールが返り咲きし始めました。花の大きさは10センチと小振りで花数も少ないですが初めての事なので驚いています。

ハンブルガフェニックスも一季咲きなのに又咲いています、今年は花がよく咲く年ですね。

Img20070724222651
wx 晴れ

ピエールドロンサールが返り咲き いい写真が撮れませんでした。
ごめんなさい

今日のバラの写真(2007.7月21日~写真)  (Click!) 
Img20070726234650
Img1b20070726234650
wx 雨のち曇り夕方から晴れ

昨夜からの雨で又また涼しい日になりました。
地方新聞には野菜が日照不足で生育不良 高値との記事がありました。確かに地元産はトマト1個138円 小松菜1束128円 スイカ1個2280円と高くなりました。

幸い畑ではトマト なす きゅうり うり ピーマン パプリカ かぼちゃ等 食材には事欠かず 酒の粕で粕漬けまでしました。レシピ不足で困ってます。

庭では日本育ちのミニバラ カナダから来たミニバラが咲き誇っています。株も春の1番花の時よりグーンと大きくなり枝数も増えましたのでボリュームがあります。
フロリパンダも「疲れを知らないのかしら」と思う程 花を数多く付け夏祭りをしているかの様なバラ達です。

今日のバラの写真(2007.7月21日~写真)  (Click!) 

Img20070727232013
マダムサチ
Img1b20070727232013
ノービー
Img1c20070727232549
小さなつぼみは全部取りました
wx 晴れ

今日は朝から久しぶりのギラギラ太陽です。
久しぶりに鉢に水やりをして、庭のバラの咲きがらの始末、切り戻し、枯れた葉や落ちた花びらの始末、草取り等々、例年だと毎日がこんな忙しい朝なのに・・・と思いながら手入れをしました。
今年の7月は長い梅雨のおかげで水やりはしなくてよくちょっと楽をしました。

7月も下旬 そろそろ8月下旬の剪定に向けて整枝等の予備剪定をして行かなくてはと思ってバラの木を眺めました。
まずはつぼみのない枝で伸び悩んでいる枝(5~15㎝程の細い枝)の始末から始めようかな・・・と思っています。
お盆の頃までには庭も畑も予備剪定を終わらせる予定です。

Img20070729223437
Img1b20070729223437
wx うす曇り

朝はいつものようにバラの手入れ(鉢に水やりをして、庭のバラの咲きがらの始末、切り戻し、枯れた葉や落ちた花びらの始末、草取り等々)を終えてから、一念発起 アジサイの剪定をする事にしました。

ほとんどのアジサイは薄緑色、水色、ピンクが濃くなっていたり どの花も幻想的な色合いです。今年は雨が多かったので枯れている花はほとんどありません。
このまま楽しんでいたいのですが、来年も花付きを良くしたいと思うと8月中旬頃までの剪定が必要です。

汗が目に入ってもガンバリました。   が ブーン ブーン え! これって怒っている羽音だけど・・・。見回すとワー 何匹もいる。逃げよう・・・。
ソーッと見に行くとソフトボール位の大きさのスズメバチの巣がアジサイの株の中に発見、これはまずいヮ。

仕方なくスズメバチのテリトリーの外を剪定しました。
一昨年等は2つも在って大変でした。今年も先住者を追い出してから全て完了となりそうです。

Img20070729225026
Img1b20070729225026
Img1c20070729225026
wx うす曇り

剪定続きで大変とと思いましたが、朝のバラの手入れ(鉢に水やりをして、庭のバラの咲きがらの始末、切り戻し、枯れた葉や落ちた花びらの始末、草取り等々)を済ませてから大好きなバラの為 生け垣(レッドロビン)の剪定をしました。

長雨のおかげで枝がよく出て風が通らない程に込み入って来たからです。
生け垣は風がよく通るようにしておくとバラに付く虫も病気も少なくなる様に思います。

皆様へ お時間のある時に昨年の11月よりブログを書き出しましたので、始めの3~4ヶ月分をぜひご覧ください。お役に立てる内容が書かれていると思います。


今日のバラの写真(2007.7月21日~写真)  (Click!)