Text Size : A A A
| ホーム | バラ育て日誌 | ニュース | 自己紹介 | メール | 写真'09.08〜'13.05 | 写真'06〜'09.07 | リンク |
Img20070101145526
Img1b20070101145526
Img1c20070101145526
wx 晴れ

あけましておめでとうございます。

たくさんの花が咲くエネルギーで

また新たな世界が広がれば・・・と思います。

これからもよろしくお願いします。
コメントも募集中です。
ご意見ご感想お待ちしております。
去年の正月と違ってお天気が良く
道足も良いので何かと助かります。
「今年はいいお天気に恵まれましたね。」 
と人に道で会う度に、この様な挨拶を交わします。

3日……………………………………………………………………………………………
暮れに降った雪も溶けて、野良仕事ができそうな天気です。
天気に誘われての初仕事はキウイの棚作りです。

苗を植えて2年が経ちます。去年は7~8個の実を付けました。
店頭で買った物よりおいしく思えたので、
もう少し沢山の数の実ができるように棚を作る事に・・・。

去年の暮れに前もって注文していた、
ビニールハウスを作るためのパイプで骨組みを組み立てました。(写真:左)
剪定をして、誘引をしてこれでOK。今年は大きな実をつけるでしょう。
…………………………………………………………………………………………………


4日……………………………………………………………………………………………
我が家のシンボルツリー、梅の木の剪定をしました。
この梅は樹齢150年程になる木で幹は空洞になっています。(写真:中)
春には優しいピンクの一重の花が咲き、大きな実をつけます。

20年程前 樹木の先生に「梅の木は長生きだからまだまだ若木です。」と言われ
以来、怠らずに毎年の剪定を行っています。(写真:右)
幹の空洞化が進んだので4~5年かけて木の大きさを半分程にしました。

春にはたくさんの花が咲きますように・・・・
…………………………………………………………………………………………………
Img20070105230504
大きな実をつける予定
Img1b20070105230504
幹は空洞になっています
Img1c20070105230504
毎年の剪定
wx 曇り一時晴れのち時々雨

昨日からの天気予報で今日は一日中雨を覚悟していたのですが、
予報は外れて、ラッキーでした。しかし明日の予報は雪・・・

今回は2日がかりの作業です。

畑の路地バラの葉落し、結束をして肥料を入れるための穴を掘りました。
木の大きさにバラツキがあるので肥料の量は適当です。
それが適量となると良いなぁ・・・ と思いつつの
雨が降るまでの必死の作業でした。

夕暮れ 終わった時には A Hard Rain's a-gonna fall

帰りには、雪が溶けてからの事を思案しました。
整枝でもしようかな・・・。
wx 雨のち時々曇り
ひどい風も朝には収まりました。

来週にはバラ会の新年会があります。
去年は80歳代から30歳代までと年齢の幅があっても
ワイワイ がやがや 
と楽しく盛り上がった会でした。
その効果か? 今年の出席者は1.5倍になりうれしい限りです。

スタンダードのバラや手作りのケヤキ菓子盆などの賞品が出ます!
すごいですよ。
今年はどんなゲームにしょうかな・・・。
準備の時から楽しんでる自分に苦笑しています。
wx 曇り

鉢物の土の入れ替えを1月中に完了予定なので少しづつ始めなくては・・・。
鉢植えのつるバラが18鉢、これが大変なのです。
まず鉢が大きい、半数以上が10号鉢。
しかも根がしっかり張っていて鉢から抜くのにも一苦労 土を落すのもしかり。

他に つるバラは地植えの物が12本あります。
これらの手入れは終わったし・・?
待てよ! 裏庭のエデンローズとルーピングの誘引がまだだな・・・。

明日はこの2本からガンバルとするかな。

wx 曇り時々晴れ

昨日より少しの空き時間を利用して、裏庭のつるバラの誘引をするべく
枝の整枝を始めました。

切った枝を整理していると、紙切り虫の幼虫に食われた枝が・・・。
ずいぶん先の方まで食われていました。

去年誘引した枝は今年は使わず、新しく伸びた枝のみ誘引しました。
それでも、3メートル以上に伸びた枝が8本以上もありました。
今年も花がたくさん咲くと良いなぁ・・・。
Img20070111232835
エデンローズの誘引
Img1b20070111233006
3メートル以上に伸びた枝
Img1c20070111233006
紙切り虫の幼虫に食われた枝
wx 雨のち曇り

バラ会の新年会の為にクイズを考えなくてはいけません。
YES・Noクイズにしようと思っています。
例えば1Kgのバラの香料を作るのには150万個のバラの花が必要です?答え Yes
うどん粉病とはうどんの様な長くて白い虫がつく病の事です?  答え No
など・・・です。何か面白い問題は無いでしょうか?。
wx 雨時々曇り

地元のバラ会の新年会でした。
寒い1日でしたが、私はビンゴゲームやクイズなど
飛んで歩いての大忙しでしたので、むしろ暑かった!(汗)です。
コンテスト派だけでなく、鉢作り派、ガーデニング派、コミニュケーション派
いろいろな人がいて面白い。
さしずめ私は何派かな?
近況報告スピーチでは「ばらとながぐつ」を紹介しました。
アクセスがあるとうれしいなー。
wx 雨のち時々曇り

15日 朝からとても良い天気でした。明日は?と天気予報を見ると晴れ。
早速、牛糞を注文しました。

畑で待っていると3t 程の牛糞を乗せたトラックがやって来て、
畑の入り口にダダダーーーっ といった感じで山が出来ました。
フワァーと湯気が立ちのぼって、周りの空気が暖かくなりました。
籾殻が混じっているので湿ってはいますが、
サラッとしていてそれほど臭くはありません。

バラのマルチングに少し使い 残りは袋に詰めました。
カラダはガクガク、大変な仕事量でした。

袋に詰めるとき真ん中に発酵済のEMぼかしを入れるという、
私なりの工夫をしました。

以前に牛糞にEMぼかしを混ぜておいたところ、
牛糞全体の発酵が進みフワッと黒っぽくなり、
その中に白い糸の様なカビが多く発生しました。

これが再現出来ると良いなと思っています。
Img20070119211628
山が出来ました
Img1b20070119211628
バラにマルチング
Img1c20070119211628
真ん中に発酵済のEMぼかしを入れる
wx 晴れ時々曇り

今日は珍しく霜が降りていました。珍しく!です。
大寒の入りというのに雪も積っていません。

バラ会の古くからの会員の方々との会話。
「私 生まれて初めての様な気がするけど、こんな暖かい冬って・・」
「私も初めてよ80歳を超えるけど・・・」
てな 訳で約80年に1度の暖かな冬になりそうな北陸福井です。

庭のミニ改造を計画しました。
庭の一角にHTが6本、FLが4本、ORが5本、7Mを超すハナミズキ、
その他木々が多数植えてあります。

この空間に小径を造りたいのですが 悩むところです。
Img1b20070122222508
材料を用意しました
Img1c20070122231732
昨年4月の写真です
wx 曇り後雨

昨日始めた花壇の小径の縁取りは、途中で一旦休止しています。

小砂利を10袋買って、幅45㎝長さ7mの小径に撒いてみました。
「えェ~これだけ・・・。」と言うくらい薄くしか敷けませんでした。
こんな風に自分で花壇作りをするなんて昔は考えられなかったな。

そういえば一昨日「バラ作りをされる方はガーデニングとか言って
庭も自分で作ってしまうから、残念ながらねあまりお呼びが掛から
ないんですよ。」と造園屋さんがぼやいておいででした。

明日は小砂利を買って来て仕上げよ~と。
Img20070122230702
この後妨草シートを敷き
Img1b20070122230702
小砂利を敷く
wx 曇り時々晴れ

小径が出来ました。
アプローチを作り、妨草シートを張り、小砂利を敷き 後少しで完成・・・・。
だったはずが、一夜にして計画変更です。

「踏み板を敷くとハイヒールでもOK 足下を気にせずに気楽だね。」
ということで40センチ角の石板を敷く事にしました。

一挙に予算オーバー。 
運搬もホームセンターのトラックを借りて運びました。

地ならしをやり直し、丁寧に敷きました。
小砂利は石板の両サイドに・・・あ~ァ たくさん余りました。
夕方までには完成しました。

小径の縁には「スジギボウシ」や「都わすれ」を少し植えました。
バラの咲く頃になると、
小径の縁取りに柔らかな緑を添える事になるでしょう。
Img20070123232912
取り除いた小砂利
Img1b20070123232912
40センチ角の石板
Img1c20070123232912
地ならしをやり直し
Img2a20070123232912
丁寧に敷きました
Img2b20070123232912
夕方までには完成しました
Img2c20070123232912
柔らかな緑を添える事になるでしょう
昨日今日と寒空の下 鉢の植え替えをしました。

1)鉢から株を引き抜き土を落し、鉢も根もきれいに洗います。
2)ピカコーの液にダニ対策を兼ねてしばらく浸けます。
3)8号以上の鉢を使い、底にはEMボカシ肥を一握り置き、中高に土を入れます。
4)株の中心をその上に置き、根を広げて土を被せます。
5)土が根の間にしっかり入るように棒で土をしめて出来上がり。

この作業を55回以上くり返し・・・やれやれようやく終わりました。

気になった2本の株について
昨年同じ日に購入したFLの大苗(品名は違います)ですが、
1年育ててみるとすごく違いの出た株が2株ありました。
写真に写ってる2本です。

育ちの良い方の株は、樹高は1m位で根が多く、黒点病にも強いため、
晩秋になっても葉を一杯付けていました。
花付きは普通で1房に春は3~4個、秋は1~3個でした。

育ちの悪い方の株は、樹高も低く40cm程。根は少ないし、
黒点病にも弱く庭の中で一番早く病気になりました。
ところが葉を落としてしまっても花付きはとても良く、軸しか無いのに秋遅くまで咲き続けました。

この育ちの悪い方の株は鉢の大きさを昨年に比べ10号から8号へと小さくし、
置く場所を雨の当たらない、屋根のある所に置いてみようと思ってます。
今年は元気に育ってね。
Img20070126222120
鉢から株を引き抜き土を落し
Img1b20070126222120
鉢も根もきれいに洗います
Img1c20070126222120
Img2a20070126222120
ピカコーの液にしばらく浸けます
Img2b20070126222120
底にはEMボカシ肥を一握り置き
Img2c20070126222120
中高に土を入れます
Img20070126222801
株の中心をその上に置き
Img1b20070126222801
根を広げて土を被せます
Img1c20070126222801
棒で土をしめて
Img2a20070126222801
出来上がり
Img2b20070126222801
気になった2本の株
wx 晴れ時々曇り 昼は暖かい

今年のバラのシーズンを目指し色々な作業に追われる毎日です。
天気が味方をしてくれるおかげで作業がとてもはかどってます。

バラの友達から電話が掛かってきました。
「こんな時って、バラが次々と咲く庭を想うとワクワクするね。」
「同じ事想うね。」

想いの中には病気の株や虫に食われた葉の事などは無く
一番良い時期、一番見事に咲いている各バラの花の咲き誇る姿だけが
浮かんできます。
誰にも邪魔されない 楽しく、幸せな時間です。

これからは仮剪定、剪定と続きます。 
バラの芽が育っていく早さを感じ取れる日々が来る。

  春よ来い。 早く来い。
昨日は4月上旬の気温(14.7度)だったそうです。

春の陽気の中、ミニバラの鉢植えすべての植え替えを済ませました。
疲れましたが、これで家の周りにある全ての鉢の植え替え、完了。
作業手順は大きな鉢の植え替えと同じです。

今回植え替えた中で、
コーヒーオペーションという名の株があります。
ミニバラより少し大きな花が咲き、
色が珍しく、そのうえ花形もかわいいので
大事に育ててきました。もう6年目になります。

この株が発表されてから茶色やチョコレート色のミニやフロリパンダが
増えましたね。ソワレ、ホットココア、ブラウンベルベット等。

でも、今は木に勢いもなくなり少しさみしい木になっています。
元気に育つようにと一回り小さい鉢に植え替えました。
Img20070131233625
植え替え 開始
Img1b20070131233625
終了近し