Text Size : A A A
| ホーム | バラ育て日誌 | バラの写真 | リンク | 自己紹介 | メール | 過去の写真'06〜'09.7 |
wx 晴れ

昨日は前日までの雨も上がり気温が高くなり消毒には適さない程になりましたが、夕方消毒をすることにしました。
今日は前回書きましたが液肥を軽く撒くました、
Img_33324bd4f7dd03e8e1ef6c12324de656
紅白のハナミズキがきれいです。
Img_1dc011851d95353fe241b7af8710ac9e
Img_b01e4e15bab584f424fa6f2c415c0b91
OR ルイーズオーディエ 額が割れています。
Img_37866675ef5e76382be1557694ac1208
Img_0062866379a69bb2a4ae8814ca6c09aa
Img_e8f55b11eee3401219cb3bb75181f2ce
Img_ddd66d8b31517ad9f192c59f1e36dc29
Img_ba42f0e06104f346129edb29664444b2
Img_d5ddc5eae9130cf6b671ea4541153c14
カクテルが分枝始めました。
Img_afbe34d54e770d2a8045151ef7464c7a
Img_6b9ffd1b1e98a1f8eda919d30ae56efc
Img_1ee0f5bda533b58091ad5589bf317054
Img_1dc8f640153767da600d3833382710d6
wx 雨のち曇り

気温の低い日が続くのでバラの育ちは一服です。
今年は四月の追肥はしていません、これから育ちの状態を見て不足気味になったら液肥を蒔くつもりです。
昨年四月の追肥の後気温の上昇と共に一気にステムが伸びすぎた反省です。
つぼみが付き始めるこの時期になってみると、あの二月下旬の豪雪を克服する懸命の努力 と 毎年降るかどうか分からないのにする冬支度 で報われた想いです。
しかしながら、重い雪が降る福井でたくさんのバラを育てるのは暴挙とも言えるなとも思えます。
Sakaの「一花開 世界起」の思いから バラ栽培日記「ばらとながぐつ」が始まったのですから長く続けたいと思っています。
Img_c8eb0b95c3f7989ae67a3e20889100a0
雪でかなり枝がダメになったのでラティスが見えなくなるか心配です。
Img_6090b90f4f607793a9f90036bc12e194
壁面のミニバラのひな壇を一段高くしたのでこの位置からでも良く見えます。
Img_5bcc77bff1fe480089fd54e1ce4d1c89
Img_6300316dfc3f02bf6a469695580849b7
バラの生垣らしくなってきました。
Img_f1483ad404ce6953bf737b162a1086ba
アーチから郡舞のスクリーンが繋がりました。
Img_8245a583e1ccdb1f12bb589fb88fe570
Img_38a8e6750aacfd99b18996decfe3dcd8
スタンダードのアイスバーグはあの豪雪にビクともしませんでした、支柱をダブル鋼管にして正解でした。
Img_10f429c9bac611852c36e02b92bf694e
Img_f4930593ee5ae161a6bf0e2768d1fb13
手前のピンクの花はシャクナゲです。
Img_07c0e0d9542bddf345b8d40dd81ae7e8